投稿

【北西に吉方位旅行】松平氏の別荘、土方歳三ゆかりの東山温泉

イメージ
34回目の吉方位旅行は、会津若松市の奥座敷・東山温泉に行ってきました。


東京からみると、会津若松は北になりますので、ご注意を。

実はわたし、あまりの暑さゆえ、東京を遠く離れておりまして、3週間以上の滞在です。

なので東京の自宅ではなく、滞在先からみた吉方位となりますので、あらかじめご注意ください。



ラッキーナンバーに近づいた!クレジットカードを不正利用されて

イメージ
あまりの暑さに死にそうになっている今年の夏。

ちょっと良いことがありました。

たぶん、これも吉方位旅行のおかげだと思います。

どんな良いことかといえば、ブログのタイトルに書いたとおり、クレジットカードを不正利用されて、結果として自分のラッキーナンバーに近づいた、という話なのですが・・・。



とくに女性が温泉で気をつけたいこと

イメージ
吉方位旅行では、温泉は欠かせませんが、温泉で気をつけたいことがあります。

それも、セミロングからロングヘアの女性には、気をつけたいことです。

それは、身体に張り付いた髪の毛です。

どんなに気をつけても、身体に張り付いた髪の毛は、なかなかとれません。

さて、どうしましょう。



【日帰り吉方位旅行】世界遺産の忍野八海と金運アップの新屋山神社

イメージ
来年は、東に五黄土星が位置するため、西は暗剣殺となり、東西に吉方位を取れなくなります。

そこで、西に行けるうちに、たくさん行っておこう!ということで、先週の有馬温泉に続いて、西に行ってきました。


月盤が大丈夫なら良いのでは?

という方もいらっしゃいますが、面川は、年盤で凶方位には行かないようにしています。

だから、今年は北東と南西はアウト。

西の方位は、東京から見て範囲が広いので、1年間行けないのは、本当に痛い!のです。

なぜなら、西は七赤金星の定位。

七赤金星は、お金や経済を表す星です。

つまり、金運や商売繁盛には欠かせない方位なのです。

そこで、金運神社として有名な新屋山神社(あらややまじんじゃ)と、およそ30年ぶりに忍野八海(おしのはっかい)に行ってきました。



【西へ吉方位旅行】豊臣秀吉も愛した有馬温泉へ

イメージ
33回目の吉方位旅行は、有馬温泉です。

今回は予算は無視しました。

というのも、来年は五黄土星が東に来るので、東西の方位は大凶の方位になるためです。

今年のうちに、西は遠くまで行っておこう!という一大決心のもと、関西屈指の有馬温泉を選びました。




【北西に吉方位旅行】「天空の城下町」沼田から自家源泉の上牧温泉へ

イメージ
32回目の吉方位旅行は、北西の上牧温泉です。

自家源泉で、もちろん源泉かけ流しの宿がみつかったので、今回はフレッシュな温泉を味わうことが目的の吉方位旅行です。


上牧温泉は、みなかみ18湯のひとつ。

谷川岳の雪解け水が、17年の歳月を経て湧き出る温泉だそうです。



【東へ吉方位旅行】犬吠埼ふたたび!自然と歴史を堪能

イメージ
31回目の吉方位旅行は、東の犬吠埼です。

この吉方位旅行をはじめた2016年11月に、はじめて行ったのが犬吠埼でした。

⇒ 【東へ吉方位旅行】吉方取りで犬吠埼へ

ほぼ3年ぶりの犬吠埼、前回は秋の終わり、今回は初夏です。


今回の吉方位旅行は、青空がとってもきれいで、日の出もちゃんと見ました!