投稿

【東南に吉方位旅行】安房小湊の誕生寺と絶景の鵜原理想郷

イメージ
お久しぶりです。

毎月一泊二日の吉方位旅行を続けて、やっと30回目となります。

今月は、巽の方位または辰の方位が吉方位になります。

というのも、年盤では、東南の巳の方位に歳破がついているからです。

自宅から、巳の方位を避けて、巽の方位または辰の方位というと、安房小湊から勝浦や御宿の方面になります。

とはいえ、安房小湊は、吉方位ギリギリの場所なので、今回は八方除けのお守りを持っていきました。


このお守りについては、こちらの投稿をお読みになってくださいね。

⇒ 会津美里町 伊佐須美神社(いさすみじんじゃ)

おかげで、何事もなく、無事に帰宅できました。

安房小湊は初めての場所でしたが、またも日蓮上人に呼ばれたみたいです。



【吉方位旅行番外編】佐倉で武家屋敷を見学したら源泉かけ流しスーパー銭湯へGO!

イメージ
29回目の吉方位旅行で成田山新勝寺に行ってきたことは書きました。

⇒ 【東へ吉方位旅行】成田山新勝寺ではうなぎと霊水でパワーアップ!

その帰り道に、佐倉市に立ち寄りました。

一泊で出かける吉方位旅行の場合、24時間は方位のエネルギーを受けたほうが良いと言われているので、昼の12時に到着したなら、翌日の12時までは、吉方位のほうに滞在したほうが良いのです。

そこで、同じ東にあり、しかも東京方面に近い場所で、前から行ってみたいと思っていた場所を探したところ、佐倉が浮上してきました。




【東へ吉方位旅行】成田山新勝寺ではうなぎと霊水でパワーアップ!

イメージ
前回の吉方位旅行から3週間ほどですが、29回目の吉方位旅行です。

3月は東の八白土星が吉方位になるので、東京からみて東の千葉方面です。

千葉県は、犬吠埼を皮切りに、九十九里、千倉、養老渓谷、岩井海岸と、すでに5回も行っています。

さて、どうしようかな?と地図をみて、成田山新勝寺に行ったことがないことに気づきました。

ギリギリで東なので、本当は行ってはいけないのですが、お不動様がいらっしゃるからいいかな、と。





【吉方位旅行番外編】土湯温泉にある日尊堂と薬師こけし堂

イメージ
28回目の吉方位旅行は、福島県の土湯温泉でしたが、小さなパワースポットがあります。

前回のブログで紹介した聖徳太子堂は、土湯温泉の開湯伝説とも関係の深いパワースポットですが、土湯温泉には、もうひとつのパワースポットがあります。

それが、日尊堂です。




【北へ吉方位旅行】千年以上の歴史を持つ土湯温泉

イメージ
28回目の吉方位旅行は、北を目指しました。

今年は南北に行けるので、移動距離を稼げます。

方徳は、移動距離に比例すると言われているので、距離はけっこう大事なのです。

そこで今回は、北の土湯温泉です。


JR福島駅から路線バスに揺られて45分ほどの山間の、ぽっかりと開けた場所に土湯温泉があります。

荒川をはさんで、土湯温泉の町が形作られています。

土湯温泉は、開湯から千年以上、70ヶ所の源泉があります。



【南西へ吉方位旅行】金運アップの土肥金山で砂金を見つけたら土肥温泉でリラックス

イメージ
27回目の吉方位旅行は、西伊豆の土肥(とい)です。

東京の自宅からは南西です。

南西には九紫火星が位置していますが、実は月破が未(ひつじ)の方位についています。

月破は避けて、行けそうなところを探していたら、「土肥温泉」は行ったことないな~、と。

土肥といえば金山です。

キラキラしたイメージで、土肥に行ってきました。




【日帰り吉方位旅行】南西の江島神社で龍神のご加護をいただいたみたいです

イメージ
今日は、日帰りで江島神社に行ってきました。

今日は一白水星中宮日で、南西には七赤金星が位置しています。

そして、江島神社は弁財天という財福神をお祭りしている場所。

しかも龍神様もいらっしゃいます。

いつものごとく、事前に勉強することなく、行き当たりばったりで行ってきたのですが、龍神さまから彩雲を見せていただきました。


神様同士は独自にネットワークされているというので、最近のわたしの龍神さま巡りの旅の願いが聞き届けられたのかもしれません!

すごくうれしい!