【東へ吉方位旅行】犬吠埼ふたたび!自然と歴史を堪能

31回目の吉方位旅行は、東の犬吠埼です。

この吉方位旅行をはじめた2016年11月に、はじめて行ったのが犬吠埼でした。

⇒ 【東へ吉方位旅行】吉方取りで犬吠埼へ

ほぼ3年ぶりの犬吠埼、前回は秋の終わり、今回は初夏です。

【東へ吉方位旅行】犬吠埼ふたたび!自然と歴史を堪能

今回の吉方位旅行は、青空がとってもきれいで、日の出もちゃんと見ました!




犬吠埼は日の出!

1月1日の初日の出は、日本で最も早い犬吠埼。

犬吠埼に行ったら、やっぱり日の出です。

5月の今頃は、日の出時間が4時台なので、早起きしないといけませんが、やはり日の出は良いものです。

【東へ吉方位旅行】犬吠埼ふたたび!自然と歴史を堪能
朝焼け

【東へ吉方位旅行】犬吠埼ふたたび!自然と歴史を堪能

【東へ吉方位旅行】犬吠埼ふたたび!自然と歴史を堪能
太陽が顔を出しました

【東へ吉方位旅行】犬吠埼ふたたび!自然と歴史を堪能

犬吠埼灯台の入り口にいくと、左手に細い遊歩道があります。

遊歩道を海にむかって進むと、7~8人の人が集まっていました。

やはり、犬吠埼といえば日の出なのです。



犬吠埼の白亜紀の地層を見よう!

犬吠埼から屏風ヶ浦まで、銚子ジオパークに指定されています。

⇒ 銚子ジオパーク 公式ホームページ

犬吠埼のあたりは、1億3000万年前から1億年前の恐竜時代の地層が見られる場所。

白亜紀の浅い海がそのまま隆起しているのが、犬吠埼なのです。

【東へ吉方位旅行】犬吠埼ふたたび!自然と歴史を堪能

【東へ吉方位旅行】犬吠埼ふたたび!自然と歴史を堪能

【東へ吉方位旅行】犬吠埼ふたたび!自然と歴史を堪能

【東へ吉方位旅行】犬吠埼ふたたび!自然と歴史を堪能

【東へ吉方位旅行】犬吠埼ふたたび!自然と歴史を堪能

板状の岩が重なっているのが、犬吠埼周辺の海岸の特徴です。

犬吠埼灯台から遊歩道に降りられますから、ぜひ近くで見てください。

大きな波が、岩にぶつかって飛沫があがる様子は、荒々しいのですが、とても美しいです。

【東へ吉方位旅行】犬吠埼ふたたび!自然と歴史を堪能
生痕化石

まるで、エジプトのカルトゥーシュのような生痕化石は、ゴカイのような生き物の這い後や巣の化石です。







長崎鼻まで遊歩道散歩

遊歩道は、犬吠埼灯台から、犬吠崎観光ホテルの手前まで、海岸沿いに続いています。

【東へ吉方位旅行】犬吠埼ふたたび!自然と歴史を堪能

犬吠埼から離れるにつれて、少しずつ、海岸線が変化するのがわかります。

【東へ吉方位旅行】犬吠埼ふたたび!自然と歴史を堪能

砂浜と岩場が混在するところも。

【東へ吉方位旅行】犬吠埼ふたたび!自然と歴史を堪能

長崎鼻に近づくにつれて、ゴロゴロとした石の海岸になってきます。

【東へ吉方位旅行】犬吠埼ふたたび!自然と歴史を堪能

【東へ吉方位旅行】犬吠埼ふたたび!自然と歴史を堪能
長崎鼻からみた犬吠埼灯台
【東へ吉方位旅行】犬吠埼ふたたび!自然と歴史を堪能
長崎鼻一ノ島照射灯

実は、犬吠埼よりも、長崎鼻のほうが日の出が早いらしいです。



銚子のパワースポット

妙福寺

妙福寺は、1314年開基のお寺で、もともとは真言宗だったようですが、現在は日蓮宗に宗旨変えしています。

妙福寺は、「臥龍の藤」が有名なんだそうです。

そんなことはまったく知りませんので、藤は終わっていました。

今度は、藤のシーズンに行ってみたい場所です。

【東へ吉方位旅行】犬吠埼ふたたび!自然と歴史を堪能
一房だけ残っていた藤の花

【東へ吉方位旅行】犬吠埼ふたたび!自然と歴史を堪能
臥龍の藤

妙福寺には、妙見宮があります。

北辰妙見信仰は、一般的には、北極星(北辰)と、妙見山という山とがセットになっているのですが、妙福寺の場合は、ちょっと違います。

妙見宮に祀られている北辰妙見大菩薩像は、聖徳太子の御作と伝えられています。

しかも、物部氏討伐のときに戦勝祈願のために作られたもの、というのです。

この北辰妙見大菩薩像は、千葉県にゆかりの深い源満仲から、代々源家に伝えられてきたものなのですが、その後、源頼朝、豊臣秀吉なども、尊崇したと言われています。

江戸時代になり、東海鎮護の神として、妙福寺に祀られることになり、「銚子の妙見様」として親しまれてきた、という来歴の北辰妙見大菩薩像です。

【東へ吉方位旅行】犬吠埼ふたたび!自然と歴史を堪能

妙見宮(北辰殿)が新しいので、つい通り過ぎてしまいそうになりますが、故事来歴を読むと、非常に珍しいものであることがわかります。

【東へ吉方位旅行】犬吠埼ふたたび!自然と歴史を堪能

【東へ吉方位旅行】犬吠埼ふたたび!自然と歴史を堪能

【東へ吉方位旅行】犬吠埼ふたたび!自然と歴史を堪能

境内は、大きな藤棚がめだちますが、細かくみると、あちこちに、歴史の古さを物語るものがあります。

ヤマサ醤油の工場見学のあとに是非!

すぐそばです。




飯沼観音

坂東三十三ヶ所観音霊場のひとつで、本尊の十一面観音は、海中から見つかったというものです。

【東へ吉方位旅行】犬吠埼ふたたび!自然と歴史を堪能

【東へ吉方位旅行】犬吠埼ふたたび!自然と歴史を堪能

【東へ吉方位旅行】犬吠埼ふたたび!自然と歴史を堪能

【東へ吉方位旅行】犬吠埼ふたたび!自然と歴史を堪能

飯沼観音に行くときは、宿泊先で特別なパンフレットをもらいましょう。

それは、参拝記念品がもらえるというパンフレットです。

このパンフレットを持っていくと、祈願済みの御守りがいただけます。

もらってから1年位、財布などに入れておき、ご縁があって、また飯沼観音に行く機会があったら、その御守りを、その年の新しい御守りに交換していただけるのだそうです。

【東へ吉方位旅行】犬吠埼ふたたび!自然と歴史を堪能
本堂

【東へ吉方位旅行】犬吠埼ふたたび!自然と歴史を堪能
本堂の天井には観音様がズラリ

【東へ吉方位旅行】犬吠埼ふたたび!自然と歴史を堪能
念彼観音力の御守りも

銚子の中心が、飯沼観音であったことがわかるのは、飲食店が多いことでもわかります。

残念ながら、銚子駅前はほとんど何もありませんが、飯沼観音の周辺には、昔ながらの飲食店が立ち並びますので、銚子グルメを味わいたい方は、飯沼観音にお参りしてください。



【方徳】東を吉方でとると・・・

東は三碧木星の定位です。

三碧木星は、芽を出すときで、勢いが増しはじめるときを表しています。

そんな東を吉方でとると、次のような方徳があると考えられています。

  • 運勢がどんどん発展します。
  • 良い部下に恵まれます。
  • ほかに類をみない斬新なことで成功します。
  • 何事においても積極的になります。
  • ファイトがわきます。
  • 人気が高くなります。
  • 話術がうまくなります。
  • 若者が力を貸してくれます。

東を吉方でとると、さまざまなことが発展し、ご縁がひろがるといわれています。

2019年5月は、年盤と月盤が重なるので、要注意の月であり、方徳があるとしたら、その変化の振れ幅も大きそうです。



【方徳】六白金星を吉方でとると・・・

今までも、何度か東に行っておりますが、東の六白金星は初めてです。

東の六白金星を吉方でとると、次のような方徳があると考えられています。

  • 仕事が忙しくなります。
  • 商売は繁盛します。
  • 物心両面で後援者が登場します。

六白金星は、目上の人を表すので、そういう方々とのご縁ができるということでしょうか。


3月から千葉方面が続いています

思い返してみれば、3月は成田山、4月は安房小湊、5月は犬吠埼と、千葉づいています。

今回お世話になったのは、犬吠埼灯台にもっとも近い「絶景の宿 犬吠埼ホテル」です。

宿泊プランに1人でもOK!というのがありましたので、こちらにしました。

おかげで、日の出もバッチリ。

温泉は、高張性-弱アルカリ性-低温泉で、泉質はナトリウム-塩化物強塩温泉です。

低温泉なので、源泉温度は25~34℃未満になります。

もちろん、適温に加温されています。

千葉には馴染みがありませんでしたが、毎月のように通うと、それなりに愛着が湧いてくるものです。

不思議ですね。




<関連の投稿>
【東へ吉方位旅行】またも龍に呼ばれた?刑部岬と九十九里浜
【東へ吉方位旅行】成田山新勝寺ではうなぎと霊水でパワーアップ!
【東南に吉方位旅行】安房小湊の誕生寺と絶景の鵜原理想郷

コメント

このブログの人気の投稿

【東へ吉方位旅行】吉方取りで犬吠埼へ

【北西へ吉方位旅行】秩父で金運アップの神社めぐり!

【南東に吉方位旅行】金局三合達成!千倉で日本で唯一の料理の神様に出会う