【北西に吉方位旅行】松平氏の別荘、土方歳三ゆかりの東山温泉

34回目の吉方位旅行は、会津若松市の奥座敷・東山温泉に行ってきました。

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ
湯川沿いに宿が並ぶ東山温泉

東京からみると、会津若松は北になりますので、ご注意を。

実はわたし、あまりの暑さゆえ、東京を遠く離れておりまして、3週間以上の滞在です。

なので東京の自宅ではなく、滞在先からみた吉方位となりますので、あらかじめご注意ください。




土方歳三が傷の療養に利用した東山温泉

東山温泉は、土方歳三が、宇都宮で負傷した傷の療養に利用した温泉として知られています。

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ

かつての東山温泉は、会津藩の湯治場として、また会津藩公が愛した温泉です。

鶴ヶ城からもほど近く、東山温泉から会津若松市内までは10分程度。

市内循環バスに乗れば、どこまで行っても210円という乗車賃で利用できます。

東山温泉駅という停留所で降りると、そこはもう別世界。

昭和なのか、それ以前からの光景なのか、古びた温泉街が姿を現わします。

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ
国の文化財登録の木造旅館「向瀧」


東山温泉の歴史を学びつつ足湯で一服

会津若松市内の観光に疲れた人には、まずは足湯で一服することをおすすめします。

足湯は新しいのですが、古びた温泉街と調和するように造られています。

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ

東山温泉は、開湯は8世紀後半、または天平年間に、行基によってなされたと伝えられています。

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ

伝承によると、行基は三本足の烏(八咫烏)に導かれて、東山温泉を発見したそうです。

八咫烏は、神武天皇を先導したとされる三本足のカラスです。

また行基は、八咫烏の鳴き声につられて東山の峰をのぞむと、軍荼利明王(ぐんだりみょうおう)・妙見菩薩(みょうけんぼさつ)・聖観音(しょうかんのん)があらわれたため、三社権現をたてまつり、この地を霊場としました。

それが、羽黒山湯上神社です。

かつては東光寺というお寺でした。

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ

東山温泉の源泉温度は、50℃~60℃と高めですが、足湯はちょうどよい感じの温度です。

ゆっくり入りながら、土方歳三のウォールペイントを眺めるのも良いですね。

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ
足湯からは土方歳三ゆかりの岩風呂の案内が




東山温泉に「○○瀧(滝)」という名称が多い理由とは?

東山温泉湯ノ入湖(東山ダム)が、湯川の上流にできるまでは、段差の多い湯川には滝があちこちにあったそうです。

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ
雨降り滝

温泉宿は、それらの滝が見える場所に宿をかまえたので、「○○瀧(滝)」という名称の宿が多いのです。

国の文化財となっている「会津東山温泉 向瀧」、会津松平氏の別荘でもあった「会津東山温泉 くつろぎ宿 新滝」、「会津東山温泉 原瀧(はらたき)」、小原庄助ゆかりの「会津東山温泉 庄助の宿 瀧の湯」などなど。

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ
宿の前には専用橋

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ
松平氏別荘だった新滝


竹久夢二ゆかりの宿「新滝」

今回の吉方位旅行は雨だったので、東山温泉の周辺観光はあまりできなかったので、お世話になった「会津東山温泉 くつろぎ宿 新滝」について、詳しく書いていこうと思います。

松平氏の別荘であり、定宿だったためか、「新滝」は竹久夢二や与謝野晶子といった文人に愛された宿です。

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ

なかでも竹久夢二は、何度も滞在し、「宵待草」の発想を東山温泉で得たと言われているようです。

新滝」は歴史も古いのですが、かつては別荘だったためか、共有スペースのライブラリーラウンジは、まるで別荘のような雰囲気があります。

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ
ライブラリーラウンジ

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ
炉もあります

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ
フリードリンクには焼酎や梅酒も

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ
落ち着いた雰囲気

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ
階段なのにドアが

木材を生かしたインテリアに、とても癒やされます。



自噴泉のある会津藩公の別荘

江戸時代には、会津松平氏の別荘であり、明治以降は松平氏の定宿だったという「会津東山温泉 くつろぎ宿 新滝」は、意外にもリーズナブルな宿です。

代々の藩主が愛したという自噴泉「千年の湯」のほかに、「わたり湯」、土方歳三が傷を癒やした源泉を利用した「猿の湯」など、すべてが源泉かけ流しです。

天然岩風呂「千年の湯」

源泉温度が36.9℃ですが、東山温泉の源泉が混ぜられているため、ちょうどよい温度に調整されています。

さらりとした温泉ですが、しばらく入っていると体の芯から温まってきます。

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ
川べりにむかって階段を降りていきます
【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ
これが自噴泉

天然岩風呂の「千年の湯」は、50分1000円で貸切にできます。

岩風呂の反対側には、露天風呂もありますが、こちらは25分1000円です。

露天風呂のほうが雰囲気は良いですが、ここはやっぱり、自噴泉のほうを利用してほしいですね。

土方歳三が療養した源泉かけながし「わたり湯」「猿の湯」

千年の湯の露天風呂、そして「わたり湯」「猿の湯」は、混合泉です。

不動滝庭園混合泉という名称で、源泉温度は52.3℃。

不動滝庭園1号泉というのが、土方歳三が療養した源泉のようです。

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ

どこも清潔に保たれていて、居心地は抜群の温泉です。

館内だけでも湯巡りができますが、姉妹館の「会津東山温泉 くつろぎ宿 千代滝」のほうの温泉も楽しめます。

千代滝」には、会津の地酒を揃えたバーがあり、一杯300円から900円程度のお手頃価格で楽しめるので、日本酒が好きな方におすすめです。

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ
和モダンの部屋

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ
アメニティも充実していました


郷土料理と会津の地酒

食事は、会津の郷土料理と地酒が楽しめます。

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ
ゆば刺しは塩で

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ
別注で馬刺し

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ
米どころらしいインテリア

玄米ご飯、白米、三分づき米の3種類から、ご飯を選ぶことができます。

想像以上に美味しかったのは、レモンサワーでした!



会津の市内観光も

はじめにも書きましたが、東山温泉は市街地にとても近いので、市内循環バスを利用して観光も満喫できます。

今回は、戊辰戦争にまつわる場所を巡ってみました。

滝沢本陣横山家住宅

国指定重要文化財で、文部省指定史跡でもある会津藩の本陣だった、滝沢本陣横山家住宅。

参勤交代、または土津神社参拝のときなどに、旅支度を整えるためにかならず立ち寄る休息所だったそうです。

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ

飯盛山のふもとにある滝沢本陣は、戊辰戦争のときには大本営となりました。

西軍の進行を、戸ノ口原で食い止めようとして、白虎隊に出陣命令が降りた場所でもあります。

同日、土方歳三率いる新選組が、松平容保、白虎隊を護衛していたそうです。

滝沢本陣は、戊辰戦争当時の弾痕や刀傷が残る、生々しい歴史を今に伝えています。



戸ノ口堰洞穴

戸ノ口堰洞穴は、猪苗代湖から会津若松に水を運ぶ用水路の最後の関門であった、飯盛山を掘り抜いた長さ150mの用水トンネルです。

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ

慶応4年(1868年)8月23日、戊辰戦争の戸ノ口原の戦いから敗走した、白虎隊20名が抜け道として使ったことでも知られています。

この用水トンネルは、天保の大飢饉の失業者対策として、55000人を動員して掘られました。

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ
戸ノ口堰水神社

現在は、戸ノ口堰水神社の境内となっています。




斎藤一(藤田五郎)の墓

最後の新選組局長として、最後まで会津藩に付き従った斎藤一の墓が、七日町にある阿弥陀寺にあります。

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ

斎藤一は、会津藩士の娘・高木時尾と結婚し、会津藩が斗南藩(青森県)に移ったときにも同行し、命運をともにしています。

その斎藤一の墓は、会津東軍墓地として現在は囲われているなかに建つ「戦死墓」の裏側にあります。

「霊魂は会津藩とともにありたい」という、斎藤一こと藤田五郎の意志を感じました。

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ


さざえ堂

国の重要文化財となっている「さざえ堂」は、寛政8年(1796年)に、郁堂和尚が考案、建立しました。

六角三層、高さが約16メートルあり、らせん形の通路で上り下りする、階段のない一歩通行の建造物です。

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ
さざえ堂

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ
螺旋状であることが外観からもわかります

日本で唯一の構造物であり、世界的にも珍しい建築物です。

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ
さざえ堂で最も高い場所

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ



末廣酒造 嘉永蔵

嘉永3年(1850年)創業の末廣酒造。

その嘉永蔵は、国の登録有形文化財に指定されています。

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ
嘉永蔵

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ

嘉永蔵の内部は見学することができます。

予約は必要ありませんが、午前10時から可能です。

所要時間は30分ほどかかりますので、事前に時間を確認すると良いと思います。

また、嘉永蔵には、ここでしか買えない日本酒があります。

さらに、末廣酒造の酒粕をつかった商品も。

お手頃価格で購入できます。

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ
酒蔵ショップ

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ
右がショップ限定の嘉永蔵大吟醸

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ
白身の焼き魚と一緒に食べると本当に美味!

【北西に吉方位旅行】土方歳三が療養した東山温泉の会津松平家の別荘へ
地酒がセリーになって入ったチョコレート

会津は見どころも多く、料理もお酒も美味しいところ。

温泉も、東山温泉、芦ノ牧温泉など、会津の周辺にはたくさんあります。

ぜひ行ってみてください。




【方徳】北西を吉方でとると・・・

北西は六白金星の定位

今月の北西には六白金星が回座しています。

北西は、そもそも六白金星の定位。

六白金星は「天」「太陽」を意味していて、完全無欠の存在です。

また六白金星は、鉱物や原石を意味しており、素朴で剛健、磨けば貴石になるという可能性を秘めています。

北西を吉方位でとると、次のような効果があるとされています。

  • 目上の人の引き立てがあります。
  • 新しい仕事が生まれます。
  • 独立精神が旺盛になります。
  • 実行力がつきます。
  • 勝負運が強くなります。
  • 投機的なことで成功します。
  • 博愛的な気持ちが生じます。
  • 信仰心が厚くなります。


【方徳】北西の六白金星を吉方でとると

北西の六白金星を吉方としたとき、次のような方徳があるとされます。
  • 心身が充実して活動的になります。
  • 実力のある後援者を得て、トップの座につきます。
  • 指導者やリーダーなど、人の上に立つような人物になれます。
  • 出世します。
  • 物質的にも恵まれ、株式や投機などで大きな利益を生みます。

後ろ盾がついて、金銭的にも良いということのようです。

なんだか、良さそうです。

なによりも、活動的になる、というのが一番良い感じがします。



<関連の投稿>
【日帰り吉方位旅行】猪苗代町中ノ沢温泉と土津神社

コメント

このブログの人気の投稿

とくに女性が温泉で気をつけたいこと

【北西へ吉方位旅行】秩父で金運アップの神社めぐり!

吉方位の基本となる定位盤の意味を勉強してみた